看板は記憶に残るように

看板は記憶に残るように

自動車を運転していて、信号機で止まった時。また、歩いていて、ふと上を向いた時。そういう時に、目に入ってくるものがあります。色々あるりますが、看板もその1つではないでしょうか。意識しなくても、勝手に目に入る看板の文字。何気なくボンヤリみている看板が、記憶に残ることもあるかもしれません。

ふと思い出す、あの色、あの文字

いつも通る道ならば、もうどこに看板があることも知っているでしょう。同じ信号機で止まったら、御馴染みの看板が目に入ることも。ただ、青信号になるのを待つ、ほんの少しの時間。何もできないのだから、看板でも見るしかないと思うでようね。覚えようと思っていなくても、記憶に入ってきます。正直、必要のない情報だナァと思うかもしれません。でも、何かの拍子に、「アッ、あの看板に書いてあったなぁ」と思い出すことはないでしょうか。記憶の中にボンヤリを残っている色や文字。それが、役立つ時が来るとは。正直、意外でもあります。しかし、情報とは、そういうものではないのでしょうか。必要と思い探す作業を経て得る情報もあれば、何気なくぼんやりと頭の中に入っている情報もあります。そういう意味では、看板は、まさしく情報といえるでしょう。

それって、情報なの

看板が情報のひとつ、というと、驚く方もいるかもしれません。正直にいうと、看板がなくても生活できる、と思う人も多いでしょう。デカデカと、大きな看板が目に付くとイライラする。看板街道なの、と思うほど、看板が並んでいる。しかし、ちょっと思い出して下さい。あなたが目にする看板の多くは、どのようなものでしょうか。圧倒的に、飲食店の看板が目に付く、と思うでしょうか。街の景観にも違和感がありそうだし、良いイメージがないって思うでしょうか。でも、道案内にもなっているものあります。見知らぬ地域で、看板を頼りに目的地に着いた、という経験がある方も、多いのではいないでしょうか。看板イコール宣伝と、切り捨てるのは、勿体無いことではないでしょうか。

情報という意識で、看板を見てみると

看板というと、大きな文字で宣伝文句が並ぶイメージであります。また、色鮮やかでちょっと恥ずかしいような派手さでアピールしてくる印象もあるでしょう。もしかしたら、今の御時勢、看板なんて古いよ、と思っている方もいるかもしれません。しかし、ネット活用など無かった時代や、テレビや新聞が浸透していなかった時代には、看板という媒体は、貴重な情報源であった、と考えられないでしょうか。今度看板と遭遇した時に、一度ジロジロ観察してみるのも、よいかもしれません。そこには、簡潔に言いたいことが書かれています。余計なものはありません。看板は、私達の記憶に、直球勝負をしかけているようなものです。看板と勝負する必要はありませんが、情報源として、看板と仲良くなることも、自分にも役立つかもしれません。そして、街を眺めるという、ちょっと心のゆとりも感じることができるかもしれませんね。

サインパートナーはお客さまの業容拡大と収益アップのビジネスパートナーとして10万社を超える企業とのお取引を致しております。 当社の強みとは他社に類を見ない、業界最多となる10000種類以上のデザインを扱っている点にあります。 立看板から、のぼり、サインボードなどの店舗用販促品の種類が豊富で、用途や特級仕上げなどご要望にお応えしております。 看板の激安通販サイトといえば【サインパートナー】