店や会社の顔でもある看板には、一体どのような効果があるのでしょうか?
いろいろな種類の看板がありますが、人気のA字型看板やオーソドックスな据え付け看板について、その魅力や制作時のポイントについて見ていきましょう。

看板の存在によって成される効果

店舗や会社の看板には、さまざまな効果があります。
まず看板があると、店名や会社名を見てもらえるので宣伝になり、名前覚えてもらいやすくなるでしょう。また通りがかりの人にお店の場所を知らせたり、店を探している人に場所を教えることもできます。大きな看板であれば遠くからも見えて、非常に宣伝になるのです。
看板は名前を知らせるだけではありません。例えば美容院などでは施術メニューや料金が書かれてあるものも多く、それを見て商品の内容や価格などを知ることができます。美容院以外でも、ランチメニューやセールの案内などを書いている看板がありますが、それらも道行く人に商品アピールをしているのです。
このように、看板は宣伝や集客のために重要なアイテムと言えます。

可愛いA字型看板やハンドメイドの看板の魅力

美容室や雑貨屋などでは、折り畳むことができるA字型の看板がよく店頭に置かれてあるものです。A字型の看板は人気がありますが、その魅力としてまず両面から見れる点が挙げられます。左右両側から見てもらえるので多くの人目に付きますし、さらに片面には店名を書いて反対側には商品の詳細や料金を書くなどの使い方もできるでしょう。
さらにA字型看板は折り畳むことができるので、閉店と同時にコンパクトにして屋内に片づけておけます。ずっと外にさらされていないので汚れにくく老朽化の予防にもなるのです。
こうした便利なA字型看板は、近年木材などで手作りしたものも増えてきました。ハンドメイドであれば店の雰囲気に合ったテイストに仕上げることができますし、大きさや形も自由に作れます。可愛い手作り看板に魅かれて、思わず店内に足を踏み入れる人もいるでしょう。

店舗の屋根部分に掲げてある看板のメリットとデメリット

店でも会社でも、建物の上部や屋根の部分に大きな看板を掲げてある所も多いものです。
据え付けで掲げてある看板は、店や会社が閉まっている時間もそこにあるわけで、ずっと人目に付くので宣伝効果が高いと言えます。上部にあるので遠くからも見えやすく、目印にもなるでしょう。
けれども雨風に常にさらされているので、汚れや錆び防止のためにこまめなメンテナンスが必要になります。
据え付けの看板の場合は、自然のダメージに強い素材を使用して作ることが大切です。木材の場合雨が降ると湿気てしまいますし、鉄などは錆びやすくなるので、ステンレスやアルミなどの素材が良いと言えるでしょう。また看板の上に小さな屋根を付けておけば雨避けにもなり、看板が長持ちします。