集客力がアップする看板の魅力

どんなに料理が美味しい店でも看板が目立たないと多くの人に場所を知ってもらうことが難しいです。誰が見てもわかりやすく、アピールしやすい立地条件であることもポイントです。お店の魅力を伝えるツールとして看板にこだわることは大切。

看板の重要性を知ることがポイント

不特定多数の人にお店を見つけてもらうツールとして看板を活用するといいでしょう。車を運転していて気づきやすい位置にあるかどうかも入店を分けるポイントとなります。運転中に通り過ぎてしまうことのないように風景の埋もれてしまうことがないようにデザインやカラーを調整することが大事です。進行方向に対して直角に設置することも大切。平衡に看板を設置しても視界に入らないケースが多いのでお客様の視点に立って設置場所や角度を考える必要があります。まずはお客様に発見してもらえるように設置することが重要です。文字のサイズはぱっと見て無理なく読むことができる大きさ、離れたところからでも読むことが出来る文字数にすることも重要です。

わかりやすい看板が一番

ぱっと見て何を営業しているお店かわかる看板が一番です。文字だけにこだわらず、写真や絵といった方法を併用することで店内の雰囲気をわかりやすく伝えることができます。利用するシーンを消費者に創造させやすいものにすることも一つの方法です。看板が色あせていたり、汚れが目立つような状態だと店舗のイメージが悪くなってしまうので定期的な看板のメンテナンスも重要です。メニューやサービスの内容変更がなくても定期的に看板の更新を行うことで店舗の信頼性を損なうことを防ぎます。お客様に伝えたい情報を最小限に盛り込むこともポイントです。情報過多な看板だと結局何が一番伝えたいのかがぼやけてしまうのでチャンスロスに繋がる可能性があります。

客層を絞り込むことも大切

誰でも歓迎の看板だと伝えたいことがぼやける可能性があるため、客層のターゲットを絞り込んで看板作成を行うことが大切です。ファミリー層、女性向け、年配の方向けなどターゲットによって看板のアプローチ方法が異なるので慎重に選ぶ必要があります。店舗まで誘導する際は矢印付きの看板を利用するとわかりやすくなります。その矢印にも角度や動きをつけることによってお客様を店舗まで効果的に誘導できるといったデータがあります。
看板単体だけでなく、SNSやホームページなどインターネットと連動させることによって広告効果が高まります。看板だと現地周辺にいる人にしか伝わりませんが、インターネット上で知ってもらうことによって遠方から現地まで来てくれる人も増える可能性があります。その際にわかりやすく現地まで案内できる看板が魅力的と言えます。